デリケートゾーンのできものは薬で治療できる?

デリケートゾーンのできものは薬で治療できる?

デリケートゾーンのできものは薬で治療できる?

女性のデリケートゾーンは他の部位よりも皮膚が薄くて蒸れやすく、下着などで肌が擦れたり、雑菌が繁殖しやすいので、皮膚のかゆみや炎症、できものなどの肌トラブルが起こりやすい部位といえます。

 

特に女性の場合、デリケートゾーンのムダ毛の自己処理を頻繁に行う人が多いので、シェーバーや脱毛テープなど皮膚への負担が大きい方法で自己処理を続けていると、皮膚を傷つけてしまいがちです。

 

デリケートゾーン,できもの,薬

 

デリケートゾーンの自己処理に失敗すると、傷ついた部分にブドウ球菌が感染して毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚病になり、ニキビのようなできものができてしまうので、適切な薬を塗って対処することが大切です。

 

毛嚢炎は軽度なものならば市販の抗炎症作用のある外用薬でも治癒しますが、数が多い場合やなかなか治らない場合には皮膚科で抗菌薬を処方してもらうのがお勧めです。ただし、悪化して膿がたまっているときには自然治癒が難しいので、速やかに皮膚科を受診することが大切です。

 

その他にも、デリケートゾーンにできものが生じる病気には、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症する「尖圭コンジローマ」やヘルペスウイルスの感染によって発症する「性器ヘルペス」などの感染症があります。

 

これらの治療には、抗ウイルス薬や専用の外用薬などを使用する必要があるので、心当たりのある方はお早めに婦人科を受診しましょう。

 

 

タイプ別臭い対策商品メニュー

            

デリケートゾーン,できもの,薬

デリケートゾーン,できもの,薬

デリケートゾーン,できもの,薬

デリケートゾーン,できもの,薬

デリケートゾーン,できもの,薬

デリケートゾーン,できもの,薬

デオシーク

トップへ戻る