職場でアレの臭いが気になって仕事にならなかった私がとった対策

職場でアレの臭いが気になって仕事にならなかった私がとった対策

職場でアレの臭いが気になって仕事にならなかった私がとった対策

私が臭いが気になると思い始めたきっかけは、職場なんです。

 

かゆみこそないものの、職場で使用していた座布団から不快な臭いを察知してしました。

 

その頃は、職場の仲間と温泉へ通うのが流行っていて、週に1、2回は温泉に入るなどかなりの頻度で通ってしまいました。

 

アレの臭い,仕事にならない,対策

 

当時私は温泉が、開放的で体も心も癒してくれる素敵な場所であり、時に不衛生な場所でもあることは考えもしてなかったんです。

 

しかし、症状が出てからインターネットで検索をしてショックを受けたのが、不特定多数の方が座るイスや、湯船にも菌がいることがあると知ったのです。

 

ガーンですよね・・・

 

今でこそ常識であることですが、当時は気にもせずイスに座っていたことが原因だったのかもしれません。

 

確実な原因はわかりませんが。

 

 

当時の主人からは言われることはありませんでしたが、私は気になり仲良くするのを避けていました。

 

主人に臭いが気になるっていうことはとても言えませんでした。

 

病気と思われたくないのもありましたが、それ以前に仲良くする気になれない程臭いが気になっていたのです。

 

職場でも、臭いが部屋に充満してるのではないかと思うほど自分では気になり、仕事は手につきませんでした。

 

おりものシートもこまめに変えたりもしましたが、私の気持ちがスッキリすることはなく、モヤモヤした日々を送っていました。

 

女性であるがゆえ生理というものはつきもので、臭いと重なったときは、さすがに今までと同じ生活では自然治癒しないな・・・と思いました。

 

 

 

その後症状は悪化する一方だったので、市販の「フェミニーナ軟膏」を購入し塗って治そうと決意しました。

 

更に不快な臭いから解放されたい気持ちで、入浴の際はボディーソープなどでしっかりゴシゴシ洗い流していました。

 

しかし、数日塗っても改善されず、諦めて結局病院で診てもらうことにしました。

 

 

 

病院では膣剤が処方され改善の方向に向かいました。

 

しかし、後でわかりましたがボディーソープで清潔にしていたことはよくなかったらしく、臭いは直ぐに治ってもまた繰り返すこともありました。

 

 

その後、洗いすぎに気を付けて根気よく治療することで完全治癒しました。

 

しかし、一度気になった臭いにはとても敏感になってしまったので、デリケートゾーン専用のジャムウハーバルソープを使用しています。

 

アレの臭い,仕事にならない,対策
詳細はLCラブコスメ公式

 

そして、通気性のいい綿100%の下着を身につけるようにしました。

 

あと、蒸れるのが嫌いになってしまって、入浴後はアンダーヘアをドライアーで乾かすようになりました。

 

主人には見られると笑われてしまいますが、とても快適なのでおすすめです。

 

その後は主人とも普通の生活を送ることができています。もう二度と不快な臭いには悩まされたくないですね。

 

 

30代主婦の話

タイプ別臭い対策商品メニュー

            

アレの臭い,仕事にならない,対策

アレの臭い,仕事にならない,対策

アレの臭い,仕事にならない,対策

アレの臭い,仕事にならない,対策

アレの臭い,仕事にならない,対策

アレの臭い,仕事にならない,対策

デオシーク

トップへ戻る